婚活サイトとは

婚活サイトって何?

婚活サイトっていうのは、結婚情報サイトの略式名です。

 

婚活サイトの目的は、主に結婚を希望している男女に対して、同じように結婚を結婚願望を持っている異性を紹介するサイトのことを言います。

 

 

「婚活」という言葉は、2007年の秋に家族社会学者である山田昌弘教授と少子化ジャーナリストの白川桃子氏によって提唱された言葉で、就職活動を就活と絡子用に、結婚相手を探す活動のことを結婚活動と呼びそれを略して婚活と称したそうです。

 

この言葉は、その後テレビや雑誌新聞などでも頻繁に見かけるようになり、2008年と2009年の連続で流行語大賞にノミネートされています。

 

実際に、日本中でこの言葉を耳にしたことがいないくらいメジャーな言葉になっていると思います。

 

また、2008年に結婚時代という書籍が販売となりベストセラーとなたことで知名度が一気に上昇したのも日本中に知れ渡った一つといわれています。

 

婚活を簡単に行えるように

そして、婚活を難しくないものにする、身近で手軽に活動できる手段として、婚活サイトが普及してきました。

 

以前は、似たようなもので出会い系サイトと言うものがありました(現在もあります)が、これは、売春の温床的なイメージが強くなり、結婚というピュアなものとのイメージと大きくかけ離れており、結婚を意識するものにとって敬遠してしまいます。

 

結婚相談所や婚活パーティーなどというものも多く存在しますが、どうしても時間とお金を多く使わなければならないという点から手軽さという面でやや不満があったのに対して、月額でも数千円で婚活相手を探せる手軽さで婚活サイトがかなり普及した理由と言えます。

 

これからの婚活もしくは、彼氏彼女等のピュアな恋人探しに欠かせなくなってきている状態で、以前の出会い系サイトのように「ヤリ目」や「お金目当て」の輩も出てくると思われるため、婚活サイトの利用も十分注意は払い利用することが望ましいと思われます。